夏は屋外での楽しいイベントがたくさんありますよね。花火、お祭り、キャンプなどなど…。

そこで必要になってくるのが蚊の対策です。イベントを楽しむためにも、そして痒みや感染症を防ぐためにも、屋外での蚊対策は万全にしておきましょう!

屋外での蚊対策

屋外では蚊を寄せ付けないアイテムと、蚊を退治するアイテムの2つを合わせて使うのが効果的です。どんなアイテムがあるのか、いくつかご紹介していきます。

蚊を寄せ付けないアイテム

虫除けスプレー

・携帯用の虫除け剤
持ち運びできる虫除け剤にはいろいろな種類があります。腕などにつけるタイプ、ベビーカーから吊るせるタイプなど、使いやすいタイプを選ぶことができます。またテント内や車内などであれば、コンセントがなくても使える電池式の置き型虫除け剤も便利です。

・パッチタイプの虫除け剤
服や帽子など、身に着けているものに貼れるシールタイプの虫除け剤です。ユーカリやレモン、シトロネラなど、蚊が嫌がる天然成分が配合されており、小さな子供にも使いやすいというメリットがあります。メーカーによって違いはありますが効果は10時間以上持続するものがほとんどで、1日外出していても貼りかえる必要はありません。小型犬用なども販売されています。

・スプレータイプの虫除け剤
虫除け効果のある成分を直接肌にスプレーするタイプです。外出前、また外出先でも手軽につけられるというメリットがあります。ただし顔付近にスプレーする時は、成分を吸い込まないように注意!肌に直接つけるのが心配という人は、衣服用を活用しましょう。「スプレーの煙たい感じが苦手…」という人は、ミストになっているタイプがおすすめです。

・シートタイプの虫除け剤
ウェットシートに虫除け効果のある成分が配合してあるタイプです。スプレーとは違い、有効成分を吸い込む心配もなし。またムラなく有効成分を肌につけることができるため、より高い虫除け効果が期待できます。ただし、汗によって取れやすいというデメリットも…。また人によっては成分が肌への刺激となる場合もあります。肌の弱い人は注意しましょう。

・屋外用蚊帳(かや)
蚊帳と聞くと、どうしても室内のイメージがありますが、最近では屋外用の大きな蚊帳も販売されています。ワンタッチで組み立てられるものなら手軽に利用できて便利です。物理的に蚊を防げるので、殺虫剤などよりも刺されるリスクは低くなります。キャンプやバーベキューなどの休憩場所に、またスポーツ観戦などにもおすすめです。

蚊を退治するアイテム

・殺虫スプレー
蚊の多い場所に行くときは、やはり殺虫スプレーは1本持っておくと便利です。屋外なら蚊だけではなく、他の虫にも効果があるスプレーがおすすめ。屋外用の殺虫スプレーなども販売されています。草むらに噴出するだけで殺虫・虫除け効果が期待できるアイテムです。水性でできているタイプなら植物にダメージを与えることもありません。

・蚊取り線香
意外と殺虫効果が高いのが蚊取り線香です。また虫を寄せ付けない虫除け効果もあります。蚊にだけ効果を発揮するのが特徴で、人間の体内に入ってもすぐに分解されるため害はありません。安全性も高く、小さな子供がいても安心して使うことができます。煙が広がっている範囲でのみ効果を発揮するため、なるべく風上に設置するのがポイント。最近ではローズなど他の香りがついたものも販売されています。

普段からできる基本の蚊対策

スプレーやシートなど、虫除け剤などのアイテムを使わない、基本の蚊対策も知っておきましょう!

・露出を避ける
基本中の基本ですが、肌の露出を避けることは効果的です。また、蚊は暗い色の場所を好んで集まってくる習性があるため、黒や青よりも白やパステルカラーなどの明るい色を選ぶとより刺されにくくなります。

・汗をこまめに拭く
汗(水分)や、汗に含まれる成分も蚊を寄せ付ける原因です。汗を搔いたらこまめに拭き取る、シャワーを浴びるなどの対策をとりましょう。屋外では汗の他に体臭も除去してくれる汗拭きシートなどがあると便利です。

・水辺や木陰を避ける
蚊は水辺や木陰に多く集まります。殺虫剤や虫除け剤がない場合は、なるべくそういった場所に長時間いるのを避けましょう。

・炭酸水を近くに置く
蚊は汗や臭いの他に、人間の体から発せられる二酸化炭素を察知して寄ってくる習性があります。その習性を利用して、少し離れた場所に炭酸水を置いておくことで、蚊をそちらに引き付けることができます。

蚊対策で外出を楽しく!

せっかくのイベントも、蚊や、蚊に刺された後の痒みを気にしていたら台無しになってしまいます…。

また刺されて病気に感染する可能性もゼロではありません。快適に、安全に過ごすためにも、屋外での蚊の対策は万全にしておきましょう!

上記にご紹介した蚊を寄せ付けないアイテムや、退治するアイテムをうまく使って、楽しい思い出をつくってくださいね。