日本の夏に欠かせなかったものと言えば蚊帳です。

「聞いたことがある」「テレビで見たことがある」という人は多いのではないでしょうか。古い歴史を持ち、現在ではあまり使われなくなりましたが、実は現代の虫除けにはない優れた特徴を持ち合わせているのです。

ここではそんな蚊帳の歴史や、使うことのメリットをご説明していきます。

蚊帳とは?

蚊帳とは、薄いネットのようなものを天井から吊り下げて布団やベッドを覆い、蚊やその他の虫が寄りつくのを防ぐ道具のことを言います。

一般的に“かや”と読みますが、他にも“かちょう”や“ぶんちょう”と呼ばれることも。日本家屋では多く使われてきましたが、網戸や殺虫剤の普及によって使用する人は減ってきています。

特に昔ながらの蚊帳を使う人は少なく、現在ではワンタッチで傘のように広がる蚊帳や、組み立て式の蚊帳が主流のようです。

蚊帳の歴史

蚊帳がはじめに作られたのは奈良時代のことです。この頃に書かれた播磨国風土記には「蚊屋(蚊帳)」の文字が残されています。当時の蚊帳は天井から吊るされたものではなく、絹や木綿などの布を、竹を組んだものに垂らしたもののことを言いました。

その後、室町時代に入ってから広く普及します。武将に嫁ぐお姫様の輿入れ品として扱われるなど、贅沢品だったとも言われています。庶民の間では主に紙で作られた“紙帳”が使われていたようです。

江戸時代に生きた俳人、小林一茶の俳句には「新しき蚊帳に寝るなり江戸の馬」というものがあります。

また明治時代を代表する俳人であり、文学者である正岡子規の俳句には「君を送りて思ふことあり蚊帳に泣く」というものがあり、蚊帳が古くから多くの人に使われ、生活の一部になっていたことが伺えます。

蚊帳を使うことのメリットとは?

古くから親しまれてきた蚊帳。昔ながらのものも改良されたものも、形は異なっていても蚊を寄せ付けないその効果は変わりません。

そんな蚊帳を使うことでどんなメリットがあるのか、蚊帳の優れている点を見ていきましょう!

・ずっと虫除け効果がある!
殺虫スプレーにも、電気式の虫除け剤にも、蚊取り線香にも…それぞれ効果が持続する時間が限られています。すぐにはなくならないとは言え、いつか買い替えなければならない時が来ますよね。

その点蚊帳の場合は、中に入ってさえすれば効果は毎日、24時間ずっと蚊に刺されることはありません。

・コストが削減できる!
蚊帳は一度買ってしまえば、破けない限り次の夏も、その次の夏もずっと使うことができます。他の殺虫剤を使い、なくなっては新しいものを買う…という繰り返しがなくなるため、長期的に見てかなりのコスト削減が期待できます。

・子供に悪影響を与えない!
殺虫剤に含まれる“ディート”という成分は、子供に害を与える可能性もあるとされています。そのため吸い込んだり目に入らないように十分注意しながら使用する必要があるのです。厚生労働省もこの危険性は認めていて、注意を促しています。

体に害を与えずに虫除けができると言われているアロマオイルも、実は子供にとっては刺激となる場合も…。例えば虫除け効果がある“ユーカリ”の香りには目を覚まさせる働きがあり、子供の寝つきが悪くなる可能性も十分考えられるのです。

・乳児.新生児の蚊対策にも最適
特に体の器官がまだ発達しきれていない乳児などのいる部屋では使いづらいというデメリットがあります。

赤ちゃんは体内に入ってくる物質の影響を受けやすく、それをうまく排出することもまだできない体ですから、アロマオイルと言えども安易に使ってしまうのは危険です。

そういった科学的な成分や、子供への影響があるかもしれない方法を避けるには、やはり物理的に蚊から肌を守るしかありません。子供がいる時でも安心して使える蚊帳は、誰もが使い続けることのできるナチュラルな虫除けであると言えます。

・クーラーの風除けにもなる!
「クーラーの冷た過ぎる風が苦手…」という人も多いのではないでしょうか。「クーラーをつけ出したら体調を崩してしまった…」そんな話もよく聞きます。そういった人にも蚊帳はおすすめですよ。

蚊帳のおかげで窓をあけて寝ることができますし、クーラーの冷たい風が直接肌に当たるのを防いでくれます。

とは言え、蚊帳は薄いネットでできていますから、風を全く通さないわけでもありません。適度に冷気を通してくれるため、暑くもなく寒くもない、快適な気温の中で眠ることができます。

虫除け対策に蚊帳は効果的!

今はほとんど使われなくなってしまった蚊帳ですが、現在主流になっている殺虫剤よりも優れた点がたくさんある効果的な虫除け対策です。

経済的で、小さな子どもがいても安心して使える、見直されてもいい完全にナチュラルな虫除けです。若い世代の人たちは特に馴染みがなく、手が出しにくいアイテムかもしれませんが、今ではインテリアとしてオシャレに設置できるものもあります。

「毎年蚊に刺されて困っている」「夜、蚊に起こされるのがストレス!」という人は、蚊帳を取り入れてみてはいかがでしょうか?